アランドラは難しいですが楽しかったです

アランドラは1997年にソニーから発売されました。プラットフォームはプレイステーションです。このゲームは他人の夢に入る事ができる能力を持っている主人公が、悪夢を見ている人の夢の中に入ります。そして悪夢の原因を探して解決するという流れになっています。その中で冒険が進んでいきます。

ゲームとしてはアクションRPGです。ゼルダの伝説に似ていると言えます。レベルを上げることは出来ません。命の器を入手すればライフの上限は増えます。あとは装備でキャラを強化していくことになります。あとは自分の腕次第ですね。

謎解きを攻略しながら先へ進めていきます。謎解きはかなり難しくて骨太な作品だと思いました。何時間も頭を悩ませることもありましたが私はなんとかクリアーすることが出来ましたね。

謎解きを解決したとしてもアクション面でも苦労をしました。操作技術も必要な作品でした。

このゲームには金のくちばしというアイテムがあります。これを集めることで珍しいアイテムが貰えます。全部で50個あるのですが中々集まりませんでした。金のくちばしをあつめるとライフが増えます。そうなのでゲームを楽に攻略をしたいなら集めたほうが良いと言うことです。今ならインターネットで調べればすぐに情報が手に入ります。しかし、何も情報を得ないで一から探すとなるとかなり大変だと思います。それでも挑戦をしてみることをおすすめしたいですね。本当のゲーマーに対する挑戦状であると言えます。昨今の簡単なゲームに慣れてしまった人に遊んでもらいたいです。プレイステーションではゼルダの伝説は遊べません。しかしアランドラがあります。ゼルダにも負けない面白さがそこにはあるのです。