プレイヤーとキャラクターが共に成長するローグライク

「チョコボの不思議なダンジョン2」は、プレイステーション初代で発売された不思議のダンジョンシリーズの後続シリーズです。シレンやトルネコといったローグライクゲームとの大きな違いは、主人公であるチョコボのレベルが、ダンジョンごとに引き継がれるシステムです。なので、後半にダンジョンが複雑になり、敵が強くなったとしても、何度もプレイするうちにレベルが上がりクリアできるようになるというのが、このゲームシリーズの最大のポイントであり、初心者やゲームが得意でない方も、簡単に楽しむことができます。ストーリーもファンタジーの王道をゆくファイナルファンタジーの世界観をうまくローグライクに仕立て上げたものです。最初のダンジョンをクリアする頃には、操作も一通り覚えた上で、さらなるダンジョンへと向かう探索心が芽生えます。主人公チョコボのレベルが上がるのと同時に、プレイヤーのダンジョンでの危機を切り抜ける機転も鍛えられることで、まるでプレイヤーとキャラクターが共に成長する円熟味が、このゲームにはあります。そして、ラストダンジョンをクリアした暁には、積み上げたチョコボの強さではなく、プレイヤーの実力のみが試される超難関ダンジョンが立ちはだかります。ダンジョンもアイテムも魅力的なキャラクターも多く、ローグライクの手引きとして完成されたゲームです。