『ファイナルファンタジーⅢ』

あまりにも有名なRPGシリーズの、初期作品。それをリメイクした内容です。

プレイ時間は総合で30時間ほど。経験値稼ぎの時間がかなり多いので、多分上手い人なら20時間を切ることも出来るでしょう。

・シナリオ

原作をほぼ正確にトレースしている。

ただ、良くも悪くもトレースなので、最近のRPGに慣れている人はちょっと物足りなく感じるかも。

・システム

FF3のシステムを良く再現している。

ただ、HPが原作に比べてかなり少なめであったりと、違う点はかなり多く。また、忍者が以前のような究極ジョブではない。賢者の威力も抑えめ。

・難易度

ザコ敵は楽々ながら、油断するとポっと殺されるバランスが個人的には心地よかったです。

今では伝説になっている(ペルソナ1のラストダンジョンに匹敵する)凶悪無双ラストダンジョンも、以前に比べるとだいぶ改善されていて、二時間弱ほどでクリアすることが出来ました。(もっとも初挑戦では返り討ちにされたので、簡単なわけではありません)

・個人的な感傷としては

ファミコン版をプレイしたときは、拙者はかなり効率の悪いプレイをしていました。

専用武器を目当てで赤魔導師(今では強力なジョブですが、最初に登場したときは酷かった)をずっと入れていたり、空手家が必ず入ってたり。結局今ではかなり効率の良いプレイをした結果、難易度は下がりましたが。当時と同じやり方でしたら、かなり苦労していたかもしれません。

ラストダンジョンといえば、2ヘッドドラゴンが印象深いです。ラスボスの四天王的な存在なのですが、とにかく圧倒的すぎる暴力的攻撃力で一ターンに一人必ず殺していく難敵で、随分苦労させられた印象が強いです。

リメイクとしては、そこそこ良くできた作品かと思います。