懐かしの復刻版ゲームソフトについて

私は団塊の世代ジュニアで私が当時小学生の頃は、ファミコンやスーパーファミコンが全盛期でした。
その時に、私がやり込んだ名作や、時代が進化するごとにハードが生まれ変わりグラフィックが洗練されていく世界に酔い知れておりました。時は経過して私にも妻子ができるような形となり、そこで最近子供と一緒にはまっておりますのが、スーパーファミコンの復刻版となるスーファミミニ家族で楽しんでおります。
あの時の当時私が小学校で夢中でありました、超魔界村やスーパーマリオカーとやストリートフィアター等のシリーズが全て凝縮される形になっているのですが、21タイトル収録されてその価格は驚きの1万円台で購入することができる点に価格的にも非常に魅力を感じます。
その名だたるタイトルの中で私が惹かれた作品としましては、やはり横スクロールアクションの傑作であります超魔界村です。
超魔界村はファミコン版としてのあの屈指の難易度を誇っていた魔界村から進化する形でメガドライブ版として縦方向にも投げることができる機能が搭載されゴールドアーマーも登場しました。
超魔界村は大魔界村の更に進化させたバージョンとなり、通常の鎧→青銅の鎧→黄金の鎧と宝箱を開けて次々にパワーアップしていくことで、黄金の鎧になった際に魔法が使えると言う形になります。
難易度も優しいから普通、難しい、更に難しい、激難しいと言うような形で難易度の変更も可能でありますので、シビアな横スクロールアクションの名作となる超魔界村を是非体感されてみてください。